夜行バスでぐっすり眠るための方法

眠る時の環境が違うせいで眠れない?

低予算で満足度の高い旅行をしたい人たちから人気のある夜行バスですが、普段は不眠などの症状に悩まされていない人も、夜行バスだとなぜかぐっすり眠れなかったという経験があるのではないでしょうか。普段寝る時の環境とあまりにも違っているので、上手く工夫をしないとせっかくの旅行を十分楽しめなくなってしまいます。バスの中でなるべく快適に眠りたいなら、環境の変化に対応できるようにするための小道具を持参しましょう。他の乗客の存在感が気になって集中して眠りにつくことができない場合は、アイマスクや耳栓を使うなどして外からのノイズを遮断したり、イヤホンから音楽を聞いたりして気分転換をするのが効果的です。あえて眠くなるように前日はあまり眠らない人もいます。

バスの中でも不快感なくいられるようにする

ベッドや布団の中だと体を伸ばしたり、自分が眠りに入りやすい姿勢になることができますが、夜行バスの中だとなかなかそうはいきません。夜行バスツアーを申し込む場合は、料金や行先だけではなくシート設備はどうなっているかも重視して選んだ方がいいでしょう。各シートが独立して作られていて、個室のようにカーテンで仕切ってあると他の乗客のこともそこまで気にならなくなります。自分のシートの前後左右にしっかりスペースが確保してある、3列独立シートを導入してある夜行バスなら快適性も抜群です。就寝する時に深めにリクライニングすることが出来たり、頭の部分をフードのようなもので覆ってくれるシートで過ごせる車両もどんどん増えています。