意外に知らない夜行バス事情!食事・トイレ・休憩はどうなっているの?

においの強い食べ物は避ける

旅行の移動手段としては夜行バスも人気ですが、長時間バスで過ごすこととなりますので食事やトイレはどうなるのかも確認しておきたいところです。
まず、夜行バスではずっと走り続けているというわけではなく、サービスエリアで何度か休憩を挟みます。この時に食事ができるのかは気になるところですが、サービスエリアで滞在している時間はそれほど長くはありませんので、ゆっくりと食事というのは難しいものがあります。
飲食物を購入することはできますが、この時もにおいの強い食べ物は周囲の迷惑になってしまう可能性もありますので避けておきましょう。バス内で食べるのであればサンドイッチやおにぎりなどの軽食が向いています。アルコールは禁止されているバスが多くなっていますのでお酒は飲めないと考えておいたほうが良いでしょう。

トイレつきのバスがおすすめ

長時間の走行となるとトイレも気になるところです。夜行バスではサービスエリアでトイレ休憩があることが多いですが、2~3時間に一回程度が多いですし、滞在時間は15分~20分程度です。予約の際は何回ぐらい休憩があるのかも確認しておきましょう。
そして高速道路に入ると休憩が取れなくなってしまう可能性もありますので、最初からトイレ付きのバスを選んでおくことがおすすめです。
トイレ付きのバスであれば渋滞に巻き込まれた際にも安心ですし、トイレ休憩のために起きる必要もなくなります。
トイレ無しのバスはより料金も安くなっていますが、それほど大きな料金差ではありません。
小さいお子さんを連れて乗る場合にもトイレ付きのバスを選んでおいたほうが安心です。